健康, 口コミ, 禁煙グッズ

分煙機の種類と有効性

分煙機は、分煙システムとも呼ばれ、オフィスや店舗などに設置して機器周辺の空気を吸引させ、タバコの煙の拡散防止や空気の浄化に役立つ機器です。煙草の煙には、主流煙と副流煙の2種類の煙があり、主流煙は喫煙者が吸う煙であり、副流煙は煙草から直接入る煙の事を意味しています。副流煙は、一般的に喫煙時にフィルターを通過する主流煙と比較をすると有害な物質が多く含まれており、副流煙を非喫煙者が吸い込む事で受動喫煙となり、肺ガンの危険性が非常に高くなります。分煙機器は、近年の受動喫煙の有害性などが広く世間に認識された事もあり、健康に対する意識変化や社会環境の変化により、喫煙環境に厳しい規制がかけられる様になった為に、喫煙時に周囲の環境に対する配慮が必要とされ設置台数が増えています。

分煙機器の種類は、喫煙者の人数や空気清浄の能力だけで無く、製造会社や設置場所でも大きく異なります。分煙機器は、集塵機能が強化された機器やタバコの匂いなどを脱臭する機能、人感センサーを搭載しているエコ機器などがあります。分煙機器の仕組みも、タバコの煙を吸い込んで浄化するタイプや目に見えない間仕切りを設定するエアーカーテンなどがあります。吸い込んで浄化するタイプの機器は、活性炭フィルターやグラスファイバーフィルターなどメーカー独自の2層、3層のフィルターを通過させる事で空気を浄化しますが、フィルターの目が詰まると浄化機能が落ちるので定期的なフィルター交換が必要です。

エアカーテンによる分煙は、喫煙席から浄化された空気を禁煙席に送り喫煙側に向かう空気の流れを作りだし、喫煙側の汚れた空気は屋外に排気する事で、目に見えない間仕切りを形成して禁煙席の空気をクリーンに保つシステムです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です