健康, 煙草, 離煙パイプ

分煙機を過信してはいけない

分煙機は煙を吸い込んで臭いや煙を除去出来るので一定の効果があることはわかっています。いろいろなメーカーが販売していますが、それを効果的な方法で使用することで大きな効果を発揮することが出来ます。大事なことは分煙機だけで処理をしないことです。有毒な成分の70パーセントから80パーセントまでしか除去出来ないので必ず別の方法を一緒に加えることが大事になってきます。

また出来るだけ分煙機の性能が発揮出来るような方法で吸うことが大事になってきます。吸引口に出来るだけ近くなるように吸わないと全てを吸い込めないので意味がなくなります。残りの煙は空中に漂ってしまうことになるからです。その距離は吸引口から30センチぐらいまでという統計もあります。

なんの仕切りもない所で分煙機だけあっても普通に空中を漂ってしまう煙が多いということをしっかり認識しておくことが大事です。ですから最良の方法は換気扇をきちんと設置して空中の煙成分を排出するようにすることです。これであればかなりの確率で有害成分を処理することが可能になります。1番いい方法は外に分煙機を設置することです。

これで吸い込んで処理することもできますし、外の大気で煙成分がほとんど気にならなくなります。また一酸化炭素は処理出来ないということも分かっているので密室での喫煙はこのことからも控えることが大事です。きちんと排気が出来る環境で利用することが健康にも気をつけることにつながります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です