健康, 口コミ, 禁煙グッズ

喫煙所に設置している分煙機のメリット

最近では、喫煙所に分煙機が設置されていることが多くなりました。分煙機は、たばこの煙を吸い込んで、有害な物質を浄化させて室外に出す為の装置です。駅やショッピングセンターなどに喫煙室がもうけられていることが多くありますが、これらの施設にある喫煙室は、密閉された小部屋です。その中でたばこを吸うと、煙で充満してしまいますが、分煙機を設置することで中で吸っている人の煙は機械が吸い込んでくれるので、煙を気にせずにたばこを楽しむことができます。

昨今では、たばこの弊害に対する批判が厳しくなり、公共の施設での喫煙が禁止される傾向にあります。たばこを吸う人だけでなく、周囲にいる人の受動喫煙による健康被害もあるので、喫煙に対して厳しくしている施設が増えるのは当然なのかもしれません。ですが、例外なしに禁煙を求めるのは難しく、喫煙者にとっては肩身の狭い世界になってしまいました。そこで登場したのが、分煙機です。

たばこの苦手な人にも快適な環境を提供でき、小型のものも登場しているので、スペースを気にすることなく設置することができます。以前は大型のものしかなく、限られたスペースにしか設置することができませんでしたが、小型化し、移動させる必要がでてきても苦労せず、スペースを占有することがないので、使い勝手がよくなりました。分煙対策をしっかりしているオフィスの場合、たばこを吸うために屋外にでる場合もありますが、分煙機をオフィス内に設置することで、外にでて吸うストレスもなくなり、気持ちよく仕事や作業を行うことができるので、これからますます需要が高まっていくのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です