健康, 煙草, 離煙パイプ

分煙機設置によるメリット

近年、我が国のグローバル化がめざましく、国際社会に見習い社会的なマナーや習慣が見直され改善が施されてきました。喫煙に関しても該当しており、喫煙スペースを設け分煙化が進むなど、喫煙に対する社会的な慣習が見直されています。そんな、一般企業の事務所オフィスや公共機関、商業施設における喫煙スペースでの分煙にかかせないのが分煙機です。タバコを吸わない方への配慮で、最近の喫煙スペースの構造は密室であることが多く、分煙には成功しているものの、煙が充満し喫煙者への健康上好ましくないのも事実です。

そこで煙を吸い込み、フィルターを浄化させ室外に出す装置・分煙機の導入が必要となるのです。煙がずっと留まると空間が真っ白になるのですが、それを避け、健康を害することを防ぎます。また、分煙機を用いることにより、煙が滞留しないため喫煙スペースの壁面が変色したり、臭いがこびりついたり、といった被害も同時に防ぐことができます。企業や施設の管理者が余分な出費を被ることもありません。

近隣を通りがかった人が臭いを気にする、という現象も発生しづらくなります。仮に換気扇を用いた場合、分煙機と違い煙をそのまま排出するだけなので、室外に害や影響を及ぼしてしまいます。他に、事務所やオフィスなど仕事場の休憩所に設けられた喫煙スペースに分煙機が導入されていると、臭いも比較的弱めであるため、喫煙者でない方でも喫煙スペースに入りやすく、コミュニケーションがいつでも取りやすいといったメリットもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です