健康, 口コミ, 禁煙グッズ

愛煙家の相棒。分煙機。

たばこを吸う人、いわゆる喫煙者は年々減少傾向ではありますが、それでも未だに成人男性の3分の1が喫煙者です。しかし都会を中心に喫煙スペースは年々減少し、肩身の狭い思いをしいられている事実もあります。健康を害する上に喫煙ルームも汚れ、掃除を常に必要とする。メリットなんて無いことは喫煙者でも理解しています。

しかし喫煙者は3分の1存在していることも事実ですし、飲食店などを完全禁煙化してしまえば喫煙者の来客は減少してしまいます。そのため、飲食店でも分煙化や喫煙スペースを設けている店も増えています。そういったスペースにかかせないものが分煙機です。煙を吸い込んでフィルターを通すため煙を周りに広げないことを目的とした機械です。

喫煙スペースには必要不可欠なものと言えます。しかし、分煙機を設置するにはそれなりのコストとメンテナンスが必要となります。分煙機に内蔵されているフィルターは燃えにくいものですが、長時間清掃などを怠りホコリが溜まってしまうようなことがあれば、喫煙者のタバコから吸い込まれた火種から引火し大きな火災につながってしまうおそれがあります。しかも、通常の誇りに比べてたばこの煙は10倍以上も汚れるのを早めます。

空気が通らない環境が長く続かないように注意しなければなりません。店舗経営をしているオーナーにとって禁煙か喫煙かという問題は売り上げに関わる大きな問題です。売上、環境、コストパフォーマンスを考えて設置の有無を決める必要があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です