健康, 煙草, 離煙パイプ

誰もが気持ち良く過ごせるオフィスへと導く分煙機

受動喫煙の害がよく知られるようになりました。喫煙者が吸っている煙だけではなく、煙草から立ち上る煙や、喫煙者が吐き出す煙にも、ニコチンやタールをはじめ多くの有害物質が含まれています。本人は喫煙者ではないのに、周囲の煙草の煙を吸わされてしまうのが受動喫煙です。2003年、受動喫煙を防止し、健康への悪影響を除去することを目的とした「健康増進法」が施行されてから、飲食店や大きな企業では禁煙や分煙が進むようになりましたが、中小の企業ではそれらはまだ途上段階にあります。

オフィスを禁煙にしてしまうのは簡単ですが、愛煙家の従業員にとってはそれは厳しいことです。煙草を吸える場所まで出向いていかなければなりません。煙草を吸える場所が近くになく、トイレなどで隠れて吸ったり、路上喫煙をしてしまう人も少なくありません。実際にある自治体で起きたことですが、役所内を全面禁煙としたところ、周辺で職員による路上喫煙が続出し、住民から「見苦しい」といった苦情が相次ぎ、全面禁煙を見直さざるを得なくなりました。

このような事態を防止するためには、一足飛びに禁煙という方法を採るのではなく、愛煙家の立場も考えた対策が必要となります。最善の対策として考えられるのが、分煙機の導入です。これなら、煙草を吸う人と吸わない人、両方を満足させることができます。分煙機は、煙草を吸っている人以外の人を煙草の煙の害から守ることができます。

オフィスの一部をパーティションなどで間仕切りをし、分煙機を設置することで、煙草の煙はもちろん、匂いも解決できます。愛煙家の仕事の効率も上がりますし、煙草を吸わない人との摩擦も解消されます。誰もが気持ち良く仕事ができるオフィスとなるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です