健康, 煙草, 離煙パイプ

離煙パイプが向いている人とは

長年喫煙してきた人が、健康のためにいきなり禁煙をしようとしても、ニコチン依存から脱出するには強い忍耐力とストレスに負けない気持ちが必要となるため、いざ禁煙をはじめても途中で挫折してしまうという方は少なくありませんでした。禁煙アイテムは今まで色々登場しましたが、その中でも特に禁煙に成功したという利用者が多いといわれているのが「離煙パイプ」の利用です。この離煙パイプは31本あるパイプを順番に1日1本使うことで、少しずつニコチンの摂取を減らしていくことができる特徴を持っています。普段どおりにタバコを吸っているのに、パイプによってニコチンの減少量に違和感を感じないまま、無理なくニコチン依存症を解消することが出来るとして多くの人に支持されています。

ニコチン依存はタバコ吸う数を減らすだけでは解消されないといわれており、これはニコチン血中濃度の上がり方が重要だからです。濃い煙を吸うと急激にニコチン血中濃度が上昇するので依存症を引き起こしますが、離煙パイプを使用すれば煙の濃度が薄くなるのでニコチン血中濃度がゆるやかに上昇し依存症になるのを防いでくれます。そのため離煙パイプが向いている人とは、タバコを我慢したり電子タバコで本数を減らすのではなく、本気で禁煙をしたいと考えている人に向いているアイテムといえます。一ヶ月かけてニコチン量を減らしていくので、体への負担も少なく初めて禁煙するという方も利用しやすいメリットがあります。

離煙パイプのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です