健康, 煙草, 離煙パイプ

禁煙には離煙パイプを使うとよいでしょう

タバコを止めたいと思って様々な禁煙グッズや禁煙方法を試したとしても、ニコチンへの依存性が原因で失敗してしまうケースが多く見られます。急にニコチンの量を減らそうとして喫煙本数を制限するとイライラや不眠、集中力の低下などの離脱症状が起こります。タバコを吸えないストレスや離脱症状に耐え続けるのは非常に困難なため、多くの人々が再び喫煙をしてしまう傾向が見られます。ストレスを感じたり離脱症状を起こすことなく、自然とタバコを止めたいのであれば離煙パイプを使うのがおすすめです。

離煙パイプは日本製で安全性が優れており、健康に影響を及ぼす可能性がある薬剤は一切使用していません。いつもと同じようにタバコを吸いながら、31日間で無理をせずに禁煙ができるようになっています。離煙パイプは1番から31番までがセットになっており、毎日取り替えて使用します。1日に3%のニコチンが減り、31日目には95%ものニコチンを削減することになります。

0.1mgのニコチンが含まれるタバコの場合、31日目には0.005mgとほぼ完全な禁煙状態になることができます。非喫煙者が喫煙者の近くにいると、空気中の煙を吸い込み0.005mg程度のニコチンを摂取してしまいます。0.1mgのニコチンが含まれるタバコを吸う人が離煙パイプを使った場合、31日目のニコチン摂取量は非喫煙者が喫煙者の近くにいる場合に吸い込む量とほぼ同じくらいです。ストレスを感じたり離脱症状に苦しむことなく自然に禁煙をしたいのであれば、離煙パイプを試すとよいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です