健康, 煙草, 離煙パイプ

離煙パイプは我慢する必要がありません

離煙パイプは89.3%という非常に高い成功率を誇る禁煙グッズで、世界ではすでに53万セット以上が販売されています。日本製ですがアメリカや中国、ヨーロッパなどでも人気があり全世界で47万人もの喫煙者に禁煙を成功させた実績があります。急にタバコを止めようと思ってもニコチンには依存性があるため失敗してしまうのが通常です。無理に本数を減らすとイライラや集中力低下、不眠などの離脱症状が起きてついタバコを吸ってしまいます。

離煙パイプは日本製で危険性のある薬剤などは一切使っておらず、いつも通りにタバコを吸いながら楽に禁煙ができると評判です。この禁煙グッズは1番から31番までの番号が振られたパイプがセットになっており、毎日タバコを吸う際に取り替えながら使用します。1日に3%のニコチンが減るようになっていて、31日間目には95%をカットすることになります。毎日の味の変化が少なく普段と同じようにタバコを吸いながら、31日かけてほぼ完全な禁煙状態になるのが離煙パイプの大きな特徴です。

0.1mgのニコチンが含まれるタバコを吸っている人がこのパイプを使うと、31日目には0.005mgまで減らすことができます。0.005mgとは非喫煙者が喫煙者の近くで空気から吸い込むニコチンの量とほとんど同じです。ニコチンには依存症があるため急にタバコを止めるのは困難ですが、離煙パイプを使えば31日間で無理なくタバコを止められます。他の禁煙グッズや禁煙方法で失敗した場合など、離煙パイプを試してみるとよいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です