健康, 煙草, 離煙パイプ

銘柄ごとの離煙パイプの使い方

離煙パイプを使えば、禁煙を達成できると言われています。しかし、一口に煙草と言ってしまっても種類は様々ですし、煙草によっては含まれているニコチンの量だって大きく違ってくることになります。一番から三十一番までのナンバーが振られたパイプがあり、それらを煙草の吸い口に装着することにより、徐々に煙草から体内に入るニコチンの量を減らしていく。ナンバーが大きくなるごとにパイプに空いた穴が大きくなるため、主流煙を吸う量が減って行くというのが主なメカニズムとなっています。

だから三十一番の離煙パイプを口にする時には、ほとんどゼロに近い量のニコチンしか吸わずに済むようになるのですが、これらはあくまでも標準のニコチン量の煙草を想定して作られています。では、それより多いタイプの銘柄の煙草だと、このパイプは使えないのでしょうか。結論としては、標準量よりも多い銘柄の煙草の場合は、禁煙まで一ヶ月よりも長い期間を必要とします。最初はナンバーごとに三十一番までのパイプを使い切ります。

そうしてニコチンの摂取量をある程度減らせたら、今度は吸う銘柄を変え、よりニコチンの少ない煙草で再度一から順番にパイプを使用していきます。このように、重いタイプの煙草でしか満足できない体質を最初の一ヶ月目で改善し、次の月にはより軽いタイプの銘柄に変え、最後にはまったく煙草を吸わなくても大丈夫な形にする。そういうイメージでこの離煙パイプを使って行けば、どんな銘柄にでも対応できるようになっています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です