健康, 煙草, 離煙パイプ

禁煙をサポートする離煙パイプ

離煙パイプとは、禁煙のためのグッズでなかなか煙草をやめられない人をサポートするものです。煙草を吸いながら、徐々にニコチンの摂取量を減らしていくという方法で禁煙に導きます。パイプは特許を取得した精密技法で、空気の流入量を調節することによってニコチン量を変えていくように作られています。1か月かかって煙草を減らしていくやり方で、31日分の離煙パイプが入っていて日数の番号が付けられています。

1日目のパイプはニコチン量をマイナス3%にして日々徐々に減らしていき、10日目には30%減って20日目には61%、31日目にマイナス95%となるように調節されているのです。いつも吸っている煙草にパイプをつけて吸うのですが、慣れないうちは感触に違和感があるものの味や香りに変わりはありません。続けるうちに薄いと感じることがありますが、その時は同じパイプをしばらく使って先に進まないようにすることが大切です。パイプは分解洗浄ができるので数日間使っても問題はありません。

それで薄味に慣れてきたら次の日にち番号に進み、それを31番の最期まで続けていくということです。離煙パイプには、禁煙の重要性が詳細に書かれたパンフレットも一緒についてくるので、それをしっかり読むことでやる気がわいて頑張ろうという気になるという声が届いています。様々な方法で禁煙を試みてもうまくいかなかった人も、離煙パイプを使って成功した人がたくさんいます。急に吸わないようにするとか本数を減らしていくというのは無理がありますが、離煙パイプなら我慢をしなくても良いのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です