健康, 煙草, 離煙パイプ

離煙パイプを利用して禁煙ができる仕組み

タバコを止めるために禁煙をする人は多くいますが、禁煙方法自体は人によって様々な手段が選ばれています。禁煙外来を利用したり、禁煙グッズを活用する人も多いです。ただしタバコは中毒性が高いことから、なかなか自分の意志とは反して身体がタバコを求めてしまい禁煙がうまくいかない事もあります。禁煙グッズの種類として離煙パイプがあり、普段と同じようにタバコを吸いながら禁煙ができるグッズです。

離煙パイプを利用することで禁煙ができる仕組みとして、ニコチン中毒になっている身体を徐々に治していくのが特徴となっています。離煙パイプは1番から31番まで数字のついたパイプを使用し、最初は数字が一番小さい1番から使用を開始します。普段吸っているタバコにパイプを装着して使用するだけであり、徐々に使用するパイプの数字を増やしていくのがポイントです。パイプはタバコを吸う際のニコチンの量を制限する仕組みとなっており、数字が少ないと制限量は少量になります。

徐々に数字が増えることでニコチンの制限する量が増えるので、同じようにタバコを吸っていてもニコチンの摂取量が抑えられるのが特徴です。普段と変わらずタバコを吸っているのでストレスを感じる事がなく、ニコチン摂取量は知らぬ間に抑えられているのが強みです。タバコを吸っていてもニコチンを接種量が少なくなるので、自分では気が付かないうちに中毒性がなくなり自然とタバコをやめる事ができるというのが特徴といえます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です