健康, 煙草, 離煙パイプ

タバコを吸いながら成功できる離煙パイプ

禁煙をなかなか成功できない要因の一つに、吸うという行為を止められないことが挙げられます。特に長年タバコを愛用してきた人にとっては生活の一部になっていますので、急に止めようと思っても我慢ができません。数日間程度なら我慢することも可能ですが、その間はイライラしたり思考能力が低下したりと様々な影響が出てくるため、仕事にも影響を及ぼす恐れがあると考えて禁煙を先延ばしにしてしまうケースもあります。日常生活の一部になっているタバコから離れるためには、離煙パイプのような禁煙グッズが必要です。

普通はタバコを吸ってしまったら禁煙は失敗ですが、離煙パイプは違います。元々パイプをつけて普通通りにタバコを吸っていくタイプのグッズであり、最初はカット率も低いのでほとんど変化はありません。しかし、地道に続けていくとどんどんカット率が高くなり、最終的には95%ものニコチンがカットされています。この数値はほとんど摂取していない状態ですので、31番まで使った後は特に意識しなくてもタバコを吸いたい気持ちが起こりません。

試しに始めてみようという軽い気持ちで離煙パイプを使った人でも、同じような変化を実感できます。禁煙を成功させた後に1本だけ吸いたいという欲求から吸ってしまうケースも少なくありませんが、その場合でも31番のパイプをセットすればニコチン依存に戻る心配がありませんので大丈夫です。終了した後でも、守りとして31番のパイプを持ち歩く人もいます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です