健康, 煙草, 離煙パイプ

離煙パイプは普段の生活のまま禁煙が進められる

タバコを吸う人は多くいますが、長年吸う事で健康面を気にする人も多くいます。健康面でも禁煙をした方がよいと考えていても、なかなか依存している事で辞められないという人が多いです。実際に禁煙をする方法としては無理やり吸うのを止めるだけでなく、禁煙グッズを活用する方法なども有効的となります。ただし禁煙グッズの種類によっては使用する人との相性などもあり、禁煙していても成功できずに途中でタバコを吸ってしまう場合も多いです。

タバコを吸っている人はニコチン中毒になっているので、単純に吸うのを止めてしまうと身体が欲求してしまうので簡単に止められないのが原因となっています。様々な禁煙グッズの中でも、普段の生活を送りながら禁煙ができる離煙パイプがあります。離煙パイプの特徴として普段吸っているタバコにパイプを装着し、いつもと同じようにタバコをするという方法です。パイプは1番から31番まで番号順位使用し、徐々にパイプの番号を大きな数字に変えていきます。

タバコを同じように吸っていますが、パイプによってニコチンの量は制限できる仕組みです。小さい数字はニコチンを制限する量は少なく、数字が増えることでニコチンの制限する量も徐々に抑えられるようになります。離煙パイプは普段と同じようにタバコを吸いながら、自然とニコチン摂取量が制限できるので中毒性も徐々に薄れていくのが魅力です。タバコを完全に吸わないのではなく、普段と同じように吸いながら禁煙ができるのが強みとなっています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です