健康, 口コミ, 禁煙グッズ

大阪で多汗症治療を受ける

多汗症とは特に暑いわけでも激しい運動をしたわけでもないのに、汗をたくさんかいてしまう症状のことを言います。これは体質ではなく病気なのですが、大阪できちんと多汗症治療をすれば治ることがほとんどです。大阪ではさまざまな多汗症治療を受けることができますが、手軽な多汗症治療としてボトックス注射があります。毒素と聞くと不安になってしまう人がいるかもしれません。

しかし、これはボツリヌス菌という細菌が作り出すタンパク質のことであり、シワ治療などにも使われています。汗が気になる部分注射を行うことにより、その部分の汗を止めることができます。大阪の病院で治療を受けて2~3日後に効果が出るのですが、3~6ヶ月程度持続するということです。なぜボツリヌス菌の毒素が多汗症に効果的なのかということですが、これは交感神経からエクリン汗腺に汗を出す指令が届かなくなるためです。

この治療方法には効果が長く続くということや手軽に受けられるというメリットが挙げられます。また、重度の脇の多汗症には保険が適用されますが、脇以外の部分には保険が適用されないので注意しましょう。料金は大阪の病院によって異なっているため、しっかりとドクターに聞いておくのがおすすめです。また、汗が気になる部分の交感神経を手術で切除してしまうという多汗症治療もあります。

これは皮膚科ではなく胸部外科や呼吸器外科で行なわれることが多く、多汗症を完治できると言われています。再発率が非常に低いと言われており、手のひらの多汗症には保険が適用されるというメリットがあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です