健康, 煙草, 離煙パイプ

体に負担の少ない方法から始める大阪の多汗症治療

多汗症治療は大阪で受けるときも、体に負担の少ない方法からはじめることが多くなります。精神的なことが原因で多量の汗をかく場合には、カウンセリングによる治療が実施されます。汗が大量に出る部位によってもアプローチ方法が違ってくることになって、一番初めに試されることが多いのが塩化アルミニウムを使った治療方法です。市販されているものもありますが、クリニックでは濃度の高い20%ほどのものが使われ、塗布することで汗が出にくくなります。

ボトックス注射は、筋肉の動きや汗腺の働きを抑えることで汗を出にくくするもので、一度注射を受ければ4ヶ月程度から半年近く保ちます。多汗症治療は大阪で装置を用いたものもあって、マイクロウェーブを照射して汗の出るアポクリン腺やエクリン腺を破壊し、汗をでなくする方法があります。切る必要がなく長期的な効果が期待できます。手術で剪除法を行えば永久的な効果も期待できますが、医師の技術によっては取り残しがあったり、脇に違和感が残ったままになる危険性があります。

汗が出ないように神経を切断する手術も行われていますが、脇などから汗が出にくくなる代わりに、お尻や足などから大量に汗がでるようになってしまう副作用が起きてしまうリスクがあります。多汗症治療を大阪で受けるときには、症状に合わせた適切な治療を選択してもらうことが重要ですから、経験が豊富な医師に診てもらったほうが安心です。汗は体の体温を調節するときにも欠かせないため、過剰な対応をしてしまうと体温コントロールが上手くできなくなる可能性もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です