屋根雨漏りの修理方法について

屋根雨漏りをしたときや、屋根に何らかの問題が生じていることが考えられます。屋根は紫外線や雨、風が直接あたる部分なので、実は家の中でも劣化がしやすい部分です。10年に一度を目安にして、専門業者に点検してもらうことが大事です。屋根雨漏りをしていることがわかったら、できるだけ早く修理をしなければ、屋根素材の下に敷いてある建築資材なども炒めてしまいますし、内装クロスなども湿気を含んで張り替えなければならなくなります。

屋根雨漏りの修理方法として、スレート屋根の場合、スレートとスレートをつないでいるコーキングが摩耗して剥がれてしまっていることがあります。室内まで雨漏り被害が出ている場合は、その隙間から雨水がしみ込んでいるため、スレートの下にある建築資材まで雨水が達していることになります。そのまま放置しておくと、建築資材まで腐ってしまったりサビを発生させてしまうので、まずはスレートを剥がして下地となる建築資材の交換をします。被害の状況に応じて、資材を交換、もしくは部分的に取り替えることになります。

下地となる資材を交換して補強を行ったら、再びスレートを取付けて、隙間がないようにコーキング処理を行います。瓦屋根がずれたり割れたときも同じ処理をします。瓦屋屋根の場合は、瓦を1枚単位で交換することができるので、割れた部分やずれた部分だけを交換することになります。瓦屋根の場合は美観を考えて、コーキングの他に漆喰を使って隙間を防ぐこともあります。

神奈川の外壁塗装のことならこちら

Filed under: 住宅関連, 外壁塗装, 神奈川Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website