屋根雨漏りの原因とは

住宅の屋根葺き材料には、瓦・鋼板・スレートなどが使われます。これらの種類によって屋根雨漏りの原因も異なります。状況に応じて個人で応急処置が可能なものや、致命的な状態で葺き替えや屋根構造の改修の必要が場合もあります。日本の伝統的な屋根である瓦は、耐久性に優れ風に強く台風が多い地域では重宝します。

しかし、瓦自体の重量と土により地震の揺れで大きく揺れ瓦がずれ、浮きが生じる可能性が大きいです。瓦にずれが生じると隙間から雨水の侵入が起きる事があります。地震の際は不具合が無いか業者にチェック依頼をする事が重要です。また、漆喰が劣化し剥がれたり崩れると土台の土が流出し、瓦の浮きやずれが起こり雨漏りへ発展する危険性も高まります。

鋼板製の屋根には、ステンレスやガルバリウム製などの金属材です。軽量で耐久性や耐火性に優れ加工しやすいのが特徴です。台風には弱く経年劣化に伴うサビが発生し屋根雨漏りの原因に繋がります。また、留め付けを行っている釘が錆びれば、浮きが生じ雨風により雨水が侵入しやすく雨漏りに発展します。

金属材は表面塗装の劣化により、防水効果が失われ錆びやすくなります。錆びが生じれば早めに塗装し直しが大切です。スレート材は、温度変化により伸び縮みを生じ浮きも引き起こしそこから雨水が侵入します。浮いた状態に強風が吹けばスレートを破損させ更に被害が拡大します。

釘により留め付けされているので錆びると屋根雨漏りの原因となります。

Filed under: 住宅関連, 屋根リフォーム, 東京Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website