屋根雨漏りの原因と対策

天井から落ちてくる雨水の浸入口として考えられるのは、屋根や外壁、サッシ、ベランダなどですが、どこから経由して天井へと達しているかを見分けるのは、素人では難しく、専門の業者に依頼する必要があります。雨漏りの原因の中でももっとも多いのは、屋根雨漏りで、漆喰の塗り直しや棟板金の交換、スレートの葺き替え、瓦や屋根雨漏り工事などを行う必要があります。初めて屋根雨漏りに気づいたときには、すぐに修理をしないといけないと焦ってしまいますが、費用相場がわからず躊躇している間に雨がやんで雨漏りも止まり、結局そのまま放置してしまい、事態が深刻化してしまうというケースが少なくありません。天井や壁紙が雨水でしみてしまったというような場合には、内部の木材や金属を腐食している可能性が高く、末期の状態といえます。

たとえ雨がやんで雨漏りが止まったとしても、浸入口が塞がっているわけではなく改善することはありませんから、できるだけ早期に対策をとる必要があります。修理を依頼する場合の注意点としては、複数の業者に見積もりを依頼するということです。業者によって見積もり金額が大きく異なる場合もありますし、中には大規模な工事に発展させて、高額な金額を請求する悪徳な業者も存在しますから、複数の業者に見積もりをとって信頼できる業者を選ぶことが大切です。雨漏りの浸入箇所は一カ所とは限りませんから、修理を行う前にきちんと事前調査を行う業者を選びましょう。

Filed under: 住宅関連, 屋根リフォーム, 神奈川Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website